このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

開催時期:2017年9月30日(土)~10月10日(火) 開催まであと

127

大会Q&A

Q.全国障害者スポーツ大会って何?

障がいのある人が参加する、国内でいちばん大きなスポーツ大会です。 目の不自由な人や耳の不自由な人、車椅子の人などが、障がいにも負けず一生懸命プレーします。平成29年には、愛媛県で大会が開催されます。

Q.開催日はいつ?

平成29年10月28日(土曜日)から10月30日(月曜日)の3日間で開催されます。

Q.開催場所は?

県内の9つの市町、15の会場で行われます。
このページを見ると全部の会場が掲載されています。

Q.どんな競技が行われているの?

個人競技は6競技です。
陸上競技、水泳、アーチェリー、卓球(サウンドテーブルテニスを含む)、フライングディスク、ボウリング。
このページを見ると全部の競技が掲載されています。

団体競技は7競技です。
バスケットボール、車椅子バスケットボール、ソフトボール、グランドソフトボール、フットベースボール、バレーボール、サッカー。
このページを見ると全部の競技が掲載されています。

このほかにも、オープン競技(例年2~4競技くらい)があります。

Q.選手の参加資格は?

毎年4月1日現在で、13歳以上の身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者の方が参加できます。

Q.愛媛県の選手は、何人くらい出られるの?

個人競技で約150人団体競技で約150人合計約300人が出場できます。
特に団体競技は、中国・四国ブロック予選が免除されます。

Q.どんなボランティアがあるの?

ボランティアは、手伝ってもらう内容に応じて、次の3つに分かれています。

大会運営ボランティア
案内所での案内や、会場での清掃などを行います。

情報支援ボランティア
耳の聞こえないの方とコミュニケーションをとるため、「手話」や「要約筆記」を行います。

選手団サポートボランティア
選手団の誘導や介助、応援などを行います。

疑問が解決できなかった方は、こちらからお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

このページの先頭へ