このページの本文へ移動

愛顔(えがお)つなぐえひめ国体

多くのご声援ありがとうございました!愛顔(えがお)つなぐえひめ国体は閉会しました!

会議開催状況

全国障害者スポーツ大会推進委員会

開催日 審議事項等
平成29年2月7日(火)

第8回会議

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記会議を2月7日(火)に開催し、「大会実施要綱(案)」等を御審議いただき、原案のとおり承認されました。

【審議事項】

(1)第17回全国障害者スポーツ大会実施要綱(案)について

(2)第17回全国障害者スポーツ大会競技実施要項(案)について   

(3)第17回全国障害者スポーツ大会競技別実施要領(案)について

(4)第17回全国障害者スポーツ大会みきゃん広場実施計画(案)について

【報告事項】

(1)リハーサル大会の参加申込み状況について

(2)選手団サポートボランティアの配置計画について

(3)えひめ国体・えひめ大会参加章・記念章取扱要領について

(4)えひめ大会の宿泊・輸送等について

【その他】

(1)平成29年開催準備スケジュールについて

.

《会議の様子》

CIMG0043.JPG CIMG0048.JPG
CIMG0059.JPG CIMG0058.JPG
CIMG0060.JPG CIMG0062.JPG
CIMG0064.JPG CIMG0066.JPG

平成28年11月16日(水)

第7回会議

 平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記会議を11月16日(水)に開催し、「リハーサル大会実施要綱(案)」等を御審議いただき、原案のとおり承認されました。

【審議事項】

(1)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会実施要綱(案)について

(2)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会競技実施要項(案)について   

(3)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会競技別実施要領(案)について

【説明事項】

(1)第17回全国障害者スポーツ大会実施要綱(案)について

(2)第17回全国障害者スポーツ大会競技実施要項(案)について   

(3)第17回全国障害者スポーツ大会競技別実施要領(案)について

(4)第17回全国障害者スポーツ大会みきゃん広場実施計画(案)について

【報告事項】

(1)競技役員等編成計画(第二次)について

(2)競技用具整備計画(第二次)について

(3)愛媛県「三浦保」愛基金の活用状況について(競技用具及びバリアフリー機器の整備)

(4)えひめ大会第二次参加意向調査の結果について

DSCF0014.JPG DSCF0009.JPG

平成28年6月24日(金)

全国障害者スポーツ大会推進委員会第6回会議

 平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記会議を6月24日(金)に開催しましたので、お知らせいたします。

【説明事項】
(1)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会実施要綱(案)について
(2)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会競技実施要項(案)について   
(3)第17回全国障害者スポーツ大会リハーサル大会競技別実施要領(案)について

【報告事項】
(1)情報支援ボランティアについて
(2)選手団サポートボランティアについて
(3)競技会場整備基本設計について
(4)競技用具整備計画(第1次)について
(5)紀の国わかやま大会愛媛県選手団に対するアンケート結果について

【その他事項】
(1)「()(がお)つなぐえひめ国体・えひめ大会実行委員会」各専門委員会にて決定した障害者スポーツ大会関連事項等について
(2)障がい者スポーツ選手の育成及び強化等について
(3)その他

P1140713.JPGP1140701.JPG

平成27年2月28日(水)

第2回会議

 平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記会議を2月18日(水曜日)に愛媛県庁で開催し、次の事項について審議いただきました。

審議事項
1. 県と会場地市町の業務分担・経費負担基本方針について
2. ふれあい広場基本方針について
3. 競技用具整備基本方針について
4. オープン競技について

報告事項
1. 長崎がんばらんば大会の視察結果について
2. 会場地バリアフリー調査の結果について
3. 平成27年度開催準備業務について

 引き続き、大会に参加されたすべての皆さんが、大会を通じて障害者への理解を深め、大会終了後も、本県の福祉向上に寄与する意義深い財産を築き、残すことができるよう、鋭意、準備作業を加速させて参りますので、御理解・御協力をよろしくお願いいたします。

H270218_syousupo1.jpg  H270218_syousupo2.jpg
添付資料
配布資料
別冊1
別冊2
平成26年10月10日

第1回会議

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記会議を10月10日(金曜日)に愛媛県庁で開催しました。

この会議は、去る8月3日(日曜日)に設立した「愛顔(えがお)つなぐえひめ国体・えひめ大会実行委員会」の専門委員会の一つとして位置付けられており、全国障害者スポーツ大会の準備全般について審議・検討いただくもので、第1回目となった今回は、これまでの開催準備状況を報告するとともに、これからの準備に欠かせない、「県と会場地市町の業務分担・経費負担基本方針(案)」をはじめ、「ふれあい広場基本方針(案)」や、「競技用具整備基本方針(案)」について、事務局から説明があり、今後、この案を基に議論を深めていくことが確認されました。

大会3年前となる今年度は、大会に参加されたすべての皆さんが、大会を通じて障害者への理解を深め、大会終了後も、本県の福祉向上に寄与する意義深い財産を築き、残すことができるよう、鋭意、準備作業を加速させて参りますので、御理解・御協力をよろしくお願いいたします。

会議の様子

H261016_syousupokaigi1.jpg H261016_syousupokaigi2.jpg

会議資料

第1回資料.pdf
開催基本計画.pdf
平成26年6月18日

第5回会議(第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会)

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会の開催に向けて、着実に準備を進めます!
"第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会第5回会議"の開催結果について

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記第5回会議が6月18日(水曜日)に開催されました。
会議では、「平成25年度収支決算」や「実行委員会への移行」が承認されるとともに、大会の根幹となる「大会会期」や「開催基本計画」をはじめ、障害者スポーツの裾野拡大を図る「オープン競技実施基本方針」が決定されました。
大会3年前となった今年度は、決定された「開催基本計画」に基づき、大会に参加されたすべての皆さんが、大会を通じて障害者への理解を深め、大会終了後も、本県の福祉向上に寄与する意義深い財産を築き、残すことができるよう、具体の準備作業に取り組んで参りますので、引き続き、御理解・御協力よろしくお願いいたします。
平成25年度収支決算
平成25年度事業を報告するとともに、収支決算についても承認いただきました。
実行委員会への移行
第72回国民体育大会と第17回全国障害者スポーツ大会の開催準備を一体的かつ効率的に推進するため、両大会の本県開催決定後、現在の「第72回国民体育大会愛媛県準備委員会」と「第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会」を統合し、新たに両大会一体の実行委員会を設立します。
第17回全国障害者スポーツ大会の会期について
第17回全国障害者スポーツ大会「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」の会期については、本県の実情も踏まえ検討した結果、「平成29年10月28日(土曜日)から10月30日(月曜日)」の3日間開催とする案により、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会及び文部科学省と協議することとしました。
第17回全国障害者スポーツ大会開催基本計画について
大会開催基本計画を次のとおり策定いたしました。
第17回全国障害者スポーツ大会オープン競技実施基本方針について
オープン競技実施基本方針を次のとおり策定いたしました。
現在、公募に向けた準備をしています。準備ができ次第、このホームページでお知らせいたしますので、もうしばらくお待ちください。
選手をはじめ、県民の皆さんのご意見を踏まえながら、平成29年の全国障害者スポーツ大会に向けて、一歩ずつ着実に準備を進め、「障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会づくり」に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
第5回会議資料
平成25年度収支決算
愛顔つなぐえひめ国体・えひめ大会実行委員会(仮称)への移行
第17回全国障害者スポーツ大会の会期
第17回全国障害者スポーツ大会開催基本計画
第17回全国障害者スポーツ大会オープン競技実施基本方針
平成26年3月25日

第4回会議

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会の開催に向けて、着実に準備を進めます!
"第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会第4回会議"の開催結果について

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記第4回会議が3月25日(火曜日)に開催されました。
会議では、今年度のメインテーマでありました「会場地」が決定されるとともに、大会準備に向けた5つの基本方針(競技役員等養成、ボランティア養成、会場地バリアフリー、輸送・交通、宿泊)も策定されるなど、大会の骨格ともなるべき基本的な事項が決定されました。
大会3年前となる来年度からは、今年度決定した基本的事項に基づき、大会に参加されたすべての皆さんが、大会を通じて障害者への理解を深め、大会終了後も、本県の福祉向上に寄与する意義深い財産を築き、残すことができるよう、具体の準備作業に取り組んで参りますので、引き続き、御理解・御協力よろしくお願いいたします。
会場地
障害者スポーツ大会で実施される13競技を、東予2市、中予5市、南予2市の合計9市町、15会場に配置しています。
開閉会式会場でもある愛媛県総合運動公園陸上競技場を中心に、障害者の身体的負担や移動時間を考慮し、愛媛県の地域特性でもある東・中・南予のバランスにも配慮しながら、また、競技進行を担っていただく競技団体や、競技会運営を担っていただく市町の負担も考慮した配置に努めました。
平成25年度収支決算
5つの基本方針
障害者スポーツ大会の開催準備を進めるにあたり、最も重要となる5つの事項に関する基本的な考え方や方向性等を示しています。
また、来年度策定を予定している「開催基本計画」の骨子となるものです。
障スポみきゃん26年度事業計画等について
選手をはじめ、県民の皆さんのご意見を踏まえながら、平成29年の全国障害者スポーツ大会に向けて、一歩ずつ着実に準備を進め、「障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会づくり」に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
第4回会議資料
会場地配置図
第17回全国障害者スポーツ大会競技役員等養成基本方針
第17回全国障害者スポーツ大会ボランティア養成基本方針
第17回全国障害者スポーツ大会会場地バリアフリー等基本方針
第17回全国障害者スポーツ大会輸送・交通基本方針
第17回全国障害者スポーツ大会宿泊基本方針
平成26年度事業計画
平成26年度収支予算
開催準備スケジュール
平成25年11月7日

第3回会議

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会の開催に向けて、着実に準備を進めます!
"第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会第3回会議"の開催結果について

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記第3回会議が11月7日(木曜日)に開催されました。
会議では、4月の第1回会議で策定した「会場地選定方針」に基づき、競技会場に関する協議が行われるとともに、競技役員やボランティアの養成に向けた基本方針(案)について、積極的な議論がなされました。

dsc00117.jpg dsc00118.jpg
会議の様子1 会議の様子2

選手をはじめ、県民の皆さんのご意見を踏まえながら、平成29年の全国障害者スポーツ大会に向けて、一歩ずつ着実に準備を進め、「障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会づくり」に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
第3回会議資料
第17回全国障害者スポーツ大会の各種基本方針(案)
平成25年7月10日

第2回会議

愛顔(えがお)つなぐえひめ大会の開催に向けて、着実に準備を進めます!
"第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会第2回会議"の開催結果について

平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記第2回会議が7月10日(水曜日)に開催され、次のとおり開催基本方針が決定されましたので、お知らせいたします。

藤岡会長 あいさつ 会議の様子1 会議の様子2
藤岡会長 あいさつ 会議の様子1 会議の様子2

開催基本方針について
「愛のくに 愛顔(えがお)あふれる 愛媛県」で、平成29年に開催する第17回全国障害者スポーツ大会は、障害のある人もない人も、スポーツを通じて、障害に対する理解を深めるとともに、新たな可能性へのチャレンジと、共に支え合う心の交流から生まれる愛顔(えがお)を日本中につなげていく大会を目指して、次の3つを基本目標とします。
誰もが"絆"を実感できる大会を創ろう!
障害のある人もない人も、誰もがおもてなしの心でお迎えし、心を一つにして大会の成功を目指し協働することで、障害に対する理解を深めながら、誰もが誰かを助け合い、支え合っている"人と人の絆"を実感できる大会にします。
みんなの"愛顔(えがお)"があふれる大会を楽しもう!
ベストを尽くす選手たちの「前向きな気持ち」と、チームメートやともに競い合う選手間に芽生える「思いやりの心」が結集した愛顔(えがお)が、選手をはじめ、見守るスタッフや応援する観客にも広がりながら、誰もが"愛顔(えがお)"になって楽しむことができる大会にします。
未来へはばたく"新しい自分"を見つけよう!
この大会を通して、誰もが新たな可能性にチャレンジしながら、その楽しみや喜び、大きな感動にめぐり合うとともに、愛顔(えがお)あふれる愛媛での経験を踏まえ"新しい自分"へと成長しながら、未来へ向かって、はばたくことができる大会にします。
第17回全国障害者スポーツ大会における標章及びマスコット等の使用の手引について
選手をはじめ、選手を支える福祉団体や事業所の皆さん、そして、少しでも多くの県民の皆さんが、大会マスコットみきゃんを活用した普及啓発に御協力していただけるよう、標章及びマスコット等の使用に関する基本ルールをまとめたものです。
標章及びマスコット等を使用する場合には、原則として事前に申請手続きが必要となりますので、注意事項やデザインの使用に関するルール等については、デザインガイドマニュアルをご参照ください。
標章及びマスコット等の使用の手引

こんな場合はどうするの?(Q&A)
Q1 商品カタログや会社案内にマスコットのデザインを使用する場合、事前の申請や使用料は必要になるの?
A1
いわゆる障害者総合支援法に基づく事業所や施設等が使用する場合であれば、「当事者若しくは障害者を支援する団体が行う『障害者の社会参加推進』に寄与する活用」と認められることから、公共目的による使用となりますので事前の申請は不要となり、使用料も免除となります。(ただし、使用報告書の提出は必要となりますので、ご留意ください。)
それ以外のいわゆる民間企業が「社外向け(顧客、取引先等)配布を目的として製作される印刷物に使用する場合は、商業目的による使用となりますので、県委員会の許可が必要となります。なお、使用料は、製作費用×3%となります。(詳細は、個別にご相談ください。)

Q2 受注販売で、事前に数量を確定することが困難な場合は、どうすればよいのでしょうか?
A2
マスコット等を使用する場合は、Q1のとおり、事前に申請が必要となりますので、見込みの数量を記載して申請してください。
なお、申請数量を超えて製造する場合は、「標章及びマスコット等使用変更申請書(様式第11号)」を提出していただくことになりますので、ご留意ください。
選手をはじめ、県民の皆さんのご意見を踏まえながら、平成29年の全国障害者スポーツ大会に向けて、一歩ずつ着実に準備を進め、「障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会づくり」に取り組んでまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
第2回会議資料
開催基本方針
第17回全国障害者スポーツ大会における標章及びマスコット等の使用の手引
平成25年4月12日

設立総会・第1回会議


愛顔(えがお)つなぐえひめ大会の開催に向けて、いよいよ準備が本格化!
"第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会設立総会・第1回会議"の開催結果について


平成29年に開催する「第17回全国障害者スポーツ大会」の準備を計画的に進めるため、標記準備委員会が4月12日(金曜日)に開催され、次の事項が決定されましたので、お知らせいたします。

藤岡会長 あいさつ 会議の様子 弓﨑国体局長の説明
藤岡会長 あいさつ 会議の様子 弓﨑国体局長の説明
準備委員会設立趣旨について

障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会とするためには、障害者団体をはじめ、スポーツ団体や教育機関、行政機関などの関係機関が参画し、県民の総力を結集しながら、着実かつ計画的な開催準備を進めていくことが必要不可欠であることから、「第17回全国障害者スポーツ大会愛媛県準備委員会」を設立するものです。

愛媛県準備委員会関連資料

名称・愛称・スローガン・マスコットについて

愛媛県で開催する「全国障害者スポーツ大会」を県民の皆さんだけでなく、全国から訪れる皆さんに愛着を持って、親しんでいただくために、次のとおり、名称・愛称・スローガン・マスコットを決定いたしました!

名称:第17回全国障害者スポーツ大会

平成13年に、それまで別々に開催されていた「全国身体障害者スポーツ大会」と「全国知的障害者スポーツ大会」が統合され、宮城県で記念すべき第1回大会が開催されて以降は、毎年、国民体育大会終了後に開催されており、平成29年に愛媛県で開催される大会は第17回大会となります。

愛称:愛顔(えがお)つなぐえひめ大会

4年後の大会開催に向け、少しでも多くの皆さんに障害者のスポーツの祭典である「全国障害者スポーツ大会」を知っていただくために、64年ぶりに本県初の単独開催となります「第72回国民体育大会」の愛称にあわせて、「愛顔(えがお)つなぐえひめ大会」に決定し、今後、普及啓発を進めることといたしました!

スローガン:君は風 いしづちを駆け 瀬戸に舞え

参加するすべての人々が、愛媛を駆け抜ける風のように舞い輝く大会となることをイメージし、愛媛らしく俳句仕立てにしています。

マスコット:みきゃん
micankokutai_1.png 県のイメージアップキャラクターの「みきゃん」を活用して、障害者スポーツ大会バージョンの「みきゃん」を作成し、普及・啓発を進めます。



決定いたしました「名称・愛称・スローガン・マスコット」につきましては、みなさんにより親しみを持っていただけるよう、国体のロゴタイプ等を参考にしながら、今後、デザイン化を進めることとしております。

※平成25年5月17日にロゴタイプ等を作製し、このホームページ内でも活用しています。

会場地選定方針について
この方針は、実際の競技を開催する会場を決めていくうえでの大枠を示す方針です。
今後、この方針に基づき、準備委員会で議論を行い、選手をはじめ、役員やボランティア、全国から訪れる観客の皆さんが大会を楽しむことができる会場を選定してまいります。
平成29年の全国障害者スポーツ大会へ向けた準備が、まさに今、始まりました。
これから、選手をはじめ、県民の皆さんのご意見を踏まえながら、「障害者の皆さんが心待ちにされ、誰もがこの大会の成功に向けて協働しながら、夢と感動を分かち合える県民総参加の大会」づくりに向けて、邁進してまいりますので、ご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。
第1回会議資料
このページの先頭へ